読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ仕事を辞めたい

”あと3年で仕事を辞めたい”と何年も前から思い続けている男の日記

麻婆麺@源来酒家

今月も担々麺の時期がやってきた。

昨日は午後から神保町で打合せがあったので、少し早目に神保町へ行き昼食と計画する。

普段はラーメン系は食べないので、評判の良い店はほとんど知らない。なので食べログとrettyを頼りにしている。調べた結果、麻婆麺なるものがあるということでチャンレジすることにした。

午前中の打合せが長引いて疲れていたし、花粉症なのか鼻水が出っぱなし。仕事の進捗も思わしくなく、イライラしている。辛党ではないが辛いものを食べて汗をドバっとかいて発散したかった。そんな事を考えながら歩を進めていると源来酒家の看板を見つける。

着席しメニューを見ると、「麻婆麺」がない。でも担々麺はある。15時なのでランチが終了したのかもしれない。でも似たようなものだからよいかと思い、担々麺セットを注文。しばらく店内の様子を観察していたところ、持ち帰りの客がひっきりなしにくる。人気店なんだなと感心しながら担々麺を待つ。出てきた担々麺を食べるが別に辛くない。少しでも辛ければ、顔にドバドバ汗をかく体質だが、そこまで汗もかかなかった。味が悪いということではないが、イライラを解消することが出来なかったという意味ではちょっと期待はずれだった。

会計をすまし、店を出て振り返ると、「王家私菜」の文字。

あれ?店を間違った?

目的の「源来酒家」の看板はまだ3mほど向こうにある。まさか中華料理店が隣同士になっているとは。。。

徒然草第52段に出てくる「石清水八幡宮にお参りしようとして、手前の高良神社を本宮と勘違いして帰ってきた」話を700年後に繰り返すとは。人間とは何百年経っても変わらないものだ。

とはいえ、今回は完全なる自らの失態だ。

この歳になって花粉症というものを初めて経験している。目が痒いとか鼻水が流れることなど大して負担ではないが、鼻がつまるせいで睡眠も浅くなっているのかも。このため、日中仕事に集中できないのかもしれない。甘く見ていたがちゃんと対策を講じないといけないと感じた2月の担々麺だった。