読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ仕事を辞めたい

”あと3年で仕事を辞めたい”と何年も前から思い続けている男の日記

忍び足で歩く

日記

カツカツ・ドンドンと音をたてながら歩く人がいる。

街中ではそうでもないが、駅の階段などの時は顕著に音が聞こえてくる。

私はこのような歩き方をしている人を見ると、みっともないと感じる。

「音をたてて歩いてはいけない」と教わったわけではないのだが、なぜかそう感じる。

理由も無いのに嫌だと感じるということは、生理的に合わないということだろう。

このような人と同じと思われるのも嫌なので、音をなるべくたてないように歩いてみた。これがなかなかおもしろい。アスファルト上は問題なく無音で歩ける。階段も簡単である。しかし安物のラバーみたいな床だと、キュッキュと音がする。普段意識しない地面の材質も色々なるのだなと感心した。

帰宅時も夜道を無音で歩いていたところ、前を歩いていた女性が突如駆け出した。

冷静に考えると、暗い夜道で後ろから忍び足で近づいてくる男がいる。そらそうだろうな。その反応は正しい。

みっともないと思っていた大きな音を出して歩く人間より下の変質者扱いされてしまった。なかなか難しいものである。