読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ仕事を辞めたい

”あと3年で仕事を辞めたい”と何年も前から思い続けている男の日記

エスカレーターで歩く人

日記

私は、「エスカレーターで歩く人」である。

一応、歩くのは「急いでいる時、且つ片側が空いている時」と決めている、何が何でも歩くわけではない。歩けないと判断した時は階段を登るようにしている。

私なりに適度にマナーを守っているつもりだが、最近「エスカレーターで歩かない派」が、勢いをつけてきていて、それも許されない雰囲気になっている。SNSで反対派の投稿がされていて複雑な思いでそれを見ていた。

「歩くように設計されていない」とか「危険だ」とか「止まって乗るのがマナーだ」が彼らの主張だ。

否定はしないが、疑問も感じる。

「歩くように設計されていない」には、何故歩いても大丈夫なように設計しないのか?と思う。一時期は確かに片側を空けて歩くようにとアナウンスをしていたはず。それなのに歩く事を考慮した設計になっていない。もし、途中から基準が変わったのであれば、もっと周知を徹底するべきだ。「歩かないように!」という案内はほとんど見たこと無い。勝手に基準を変えておいて周知もしないまま「歩くことは考慮していない」と言われてもこちら側には罪はないのでは?メーカーの怠慢である。

「止まって乗るのがマナーだ」だが、いつからマナーになったのか。繰り返すが以前はOKだったはずなのに。

「危険だ」というのは、階段も一緒。上り下りの方向を無視して勢い良く下ってくる方が危険だと思うが。

とはいえ、止まっている人にぶつかったり、止まっている人の後ろについて舌打ちをしてみたり、乱暴に歩いている人が多いのも事実。言いたくなる気持ちもわからないでもない。

しかし、私はマナーを上記のようになるべく守って歩くようにしているので、なんとか勘弁してもらえないだろうか。

と、書いたところで、私が言っていることは喫煙派の言い訳と似ている事に気がついた。肩身の狭い思いをしていたんだなと少し心情がわかる気もした。

しかし、私は嫌煙家なので、マナーの悪い喫煙派は許さないが。