読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ仕事を辞めたい

”あと3年で仕事を辞めたい”と何年も前から思い続けている男の日記

シュートサイン

日記

プロレスファンにとってシュートサインは忌み嫌うものだ。

口にするのも嫌だが、強いて説明するなら「プロレスには台本があり、人間関係の悪化などにより、その台本を無視してシュート(真剣勝負)を挑む時にするサイン」という意味になる。

台本(ブックやアングル)という言葉も嫌いだし、ガチンコという言葉も嫌いだ。

口にする輩もいるが、物を知らないファンがほとんどである。

プロレスを愛しているファンであれば、この言葉の意味は知っていても敢えて口にしない。なぜなら、誰も幸せにならないからだ。

Google先生に聞けばわかるだろうが、過去にシュートと噂される闘いはいくつかあるが、ほとんど凄惨な内容に終わっている。それは当然である、一方がルールを破って突然シュートを仕掛けてくるのだから。もう一方は何もできない。そして誰も喜ばない結果に終わる。

そんな忌み嫌われている言葉がAKBの新曲名だという。しかもドラマ「豆腐プロレス」の主題歌として使われる。明らかに狙っている。あのプロレスにも造詣の深い秋元康が着けているのだから意味があるのだろうが、安易に”本気”とか”真剣勝負”とかの意味では使ってほしくない。あくまで隠語なのだから。

プロレスを応援したいのか貶めたいのか分からないが、残念に思う。