読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ仕事を辞めたい

”あと3年で仕事を辞めたい”と何年も前から思い続けている男の日記

青春時代は夢なんて、あとからほのぼの思うもの

日記

今週の「うたコン」は阿久悠氏の特集だった。

生きていれば2月7日は阿久悠氏の80回目の誕生日。没後10年になる。

阿久悠氏の名曲は数え切れないくらいあるが、特に一つ心に残っているものがある。

阿久悠作詞・森田公一作曲の「青春時代」である。

あるTV番組でアルフィー坂崎幸之助さんが次のように言っていた。(ウル覚えだが)

 

演歌を追いやるほど勢いをだったフォークソングは、青春を歌っていたものが多いが、その多くはまさに青春時代の真っ最中だった若者たちが「今の自分」を思って作った魂の叫びだった。

そこへ、一世代上の阿久悠氏と森田公一がタッグを組んで、「大人が振り返る青春」として殴り込んできた。

 

このコメントを聞いた時、なんとも言えない熱い想いを感じた。

当事者同士はどう思っていたかどうか知らないが、「世代交代を図る若者に対し、上の世代が迎え撃つ」という構図はまさに青春。熱量のある良い時代だったんだなとしみじみと思う。

今日は青春時代を聞いて寝よう。