読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ仕事を辞めたい

”あと3年で仕事を辞めたい”と何年も前から思い続けている男の日記

演歌はどうやれば盛り上がるのか。

昨日、近くの演歌レコード店で演歌歌手のキャンペーンがあったので見てきた。

20人ほど入る店内は満員。最前列の椅子席にはペンライトを持つお客さんも。

年齢層は若くて60代から。80代以上もいたのだろうがはっきりとした年齢はわからない。若者が同じ顔に見えるように、老人もみんな同じ顔に見える。

私が飛び抜けて若く場違いな感じ。でも、先月見たキャンペーンより年齢層は若干低く感じる。

応援する芸能人を追っかけたい気持ちは年齢に関係ないようだ。CDを買って握手をしてもらい喜々として一緒に写真撮影する姿は秋葉原にいる連中となんら変わりがない。

演歌もアイドルと同じように、CDが売れる可能性もあるはずだ。

とはいえ年金で生活しているご老人よりむしり取るのは限界がある。

 

演歌歌手の新曲を聞きながらどうすればこの演歌歌手が売れるのかを考えていた。

最近キャンペーン周りをしていて改めて気付いたことだが、生歌を聞くと凄く上手い。

TVで見ていても他のアイドルに比べると圧倒的に上手いのだが、こんな場末に回ってくる歌手レベルでも上手い。これを聞いてもらえればもう少しファンも増えそうなのだが、問題はどうやって聞いてもらえるかが問題だろう。

実際のビジネスでも同じだが、商品は良くても知名度が足りていないと商品は売れない。なので商品の良さを知ってもらう為にプロモーションを行う。

演歌の場合はどうやるんだろうか。聞いてもらえればファンも増えるだろうに。

 

しばらく考えてみたが、答えはまだない。