読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ仕事を辞めたい

”あと3年で仕事を辞めたい”と何年も前から思い続けている男の日記

ギャンブルの勝ち方

競馬が好きだ。

数十年やってきて、やってとだが勝ち方もなんとなくわかってきた。

結論をいえば、”倍プッシュ”をすることだ。残念ながら予想なんてあまり関係ない。

ギャンブルで勝つためには、「コンスタントに勝つ」というのはかなり難しく、「大勝ちして勝ち逃げする」のが勝利の近道である。”倍プッシュ”というのは、的中レースの配当を次のレースに全額投入する方法だ。負けると勝ち分を失うが、的中したら大勝ちできる。

”倍プッシュ”は勝ち分を次の投資に回すため、負けたときの痛手が少ない。負けても1レース目に負けたときと同じ損失しかでない。なのでリバレッジが効くという意味でかなり有効な方法だと考える。なのでレバレッジが効かないギャンブルはあまり勝てないはずだ(パチンコとか。でも大負けもしないので”負けていない”気分にはなる)

しかし、この”倍プッシュ”は実践するのが難しい。勝ち分を放棄して攻めにでるのは心理的なハードルが高く、どうしても勝ち分を守るために守りに入ってしまう。”倍プッシュ”ができないと、大勝ちができなくなるのでトータルで負ける確率が高くなる。

誰でも”倍プッシュ”をできれば勝利に近づくはずであるが、まず普通の人ならば、100人中90人は攻められない。攻めた10人の内、そのうちの7人程度は何も考えずに攻めているだけなので、そのうち負ける。残った3人は上手く行って勝利をおさめるが、そんな事ができる人間は凶気と紙一重。つまり、ギャンブルで成功できる人は狂人と言ってよい。そんな凶気をはらんだ人だけギャンブルで成功できるのである。

 

因みに、そんな狂人に一般常識を期待してはいけない。私もその狂人を目指す人間の一人なので、一般常識を期待されても困る。

まさか、仕事納めの時に挨拶をしなかったことを仕事始めの時に言われるなんて思わなかった。偉そうにしている人は、人からの挨拶されるのが生きがいなのかもしれないので、その人の基準からすれば失礼なことだったかもしれないが、そんな去年の嫌な事は早く忘れて欲しいものだ。言われっぱなしは悔しいので、次に会った時はなんとかやり返す方法を考えているが今のところ思いついてはいない。