読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ仕事を辞めたい

”あと3年で仕事を辞めたい”と何年も前から思い続けている男の日記

マスク美人

大ヒットした「言ってはいけない」という本でも触れていたが、顔の美醜で人生が変わってしまう。
これは科学的に実証されているが現実である。

私も顔の好みがある。
個人的には顎には拘っていて顎が出ていたり引っ込んでいたりする人は私にとっては不細工に見える。
人気の綾瀬はるかとかも特に可愛いと思わない。
あと頬骨が出ているのもあまり好きではない。
もし、私が何かの決定権をもっている人間だった場合、上記特徴を持っている人の採点は低くなると思う。
差別だとか言われるかもしれないが、人間は感情で判断する生き物なので、仕方ないだろう。
人生においては、論理の正しさではなく、決定権のある人間に気に入られるのが”正”なのである。
「感情に訴えかける外見=美」を持っていたほうが有利なのは当然である。

では不細工な人間はどうすれば良いのか?となる。
実は対策は簡単で、”隠せば”良いのである。
マスクをしていれば顔の殆どが隠せる。出ているのは目元だけ。
となると、その人の美醜を目元で判断することになる。
そして、その目元はかなり加工可能である。
マスクで顔を隠しつつ目元だけ化粧をしてモノマネをする芸人さんもいるように、目元の形・大きさ・陰影はかなり加工できる。
つまりマスクをして目元メイクを気合を入れて加工すれば、”美”と判断される可能性はかなり高まる。(”美”になるわけではない。)
昔から「色白は七難隠す」と言われていたが、現代では「マスクは七難隠す」で通用する。
色白はなるのが難しいが、マスクは誰にでも実戦可能な魔法なのである。
しかもこの方法は男女ともに有効である。

冬になり、マスクをする人が増えている。
マスクをすることによって美人に見える人を「マスク美人」と呼ぶことにすると、今の季節は街中にマスク美人が溢れている。
男は美人に囲まれると嬉しい。
そう思うと、冬という季節は肌の露出は減るが逆に美人に囲まれやすくなるという良い季節なのである。

こんなに街中に美男・美女が溢れているのなら、モテないくせに高望みしていた男性にとっても、美人ではなかったために夏の間は男性と縁が無かった女性にとっても大チャンスである。
それらの男女でめでたくカップル成立し、クリスマスに全国的に地震が発生するという、日本経済の未来にとって喜ばしい現象にまで発展する。

ただし一つだけ注意点がある。
この魔法の有効期限は当然「マスクをとるまで」。
なので、服は脱いでもマスクは取らないように気をつけていただきたい。