読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ仕事を辞めたい

”あと3年で仕事を辞めたい”と何年も前から思い続けている男の日記

体調の整え方

「できるサラリーマンはコンディションを整えるのが上手い」系のビジネス書がヒットしているようである。
書店に行くとその手の本が幾つも平積みされている。

中身は読んでいないが、内容には同意する。
睡眠不足だと判断力が鈍ったりするし、逆に体調が良いとこなせる仕事量が違ったりすることは嫌というほど実感してきた。
また、「体力=集中力」だと思うので、スポーツをやっている人は結果として仕事もできると思う。

自称”できるビジネスマン”である私も、体調管理には気を使っている。
大きく分けて、「体力をつける」「体調を整える」の2つがあり、特に「体調を整える」事に関してはある程度自分をコントロールするやり方を把握している。

体調が下降気味な時、私の場合は”歩く”ことにしている。
ただ漫然と歩くのではなく、以下のポイントを意識することで、すごい効果が現れる。
1.普段の歩き方よりも色々な関節や筋肉を動かす事を意識して歩いてみる。
 → そうすることで、普段使っていない筋肉や関節が活発になり、身体の動きがスムーズになる。

2.腹式呼吸をしながら歩く
 → 内臓が動くのが分かる。内蔵を動かせば、内臓の調子が良くなる。消化も良くなり食欲もわく。食欲が分けば食事が美味しく感じられ精神的にも良い。

3.足先や指先を細かく動かしながら歩く
 → 末端の血管が広がり、血液の循環が良くなる。これにより代謝がよくなり疲れや老廃物の排出ができるようになる。

4.普段歩かない道を歩く
 → 屋外を歩くことは非常に精神的にリフレッシュになる。思わぬ発見をすることもあり、脳が活性化するのを感じる。

このように”ウォーキング”は万能な運動であると思う。

年末の忘年会やら年越しの正月など暴飲暴食にならざるをえないような環境が揃っていたため、現在の体調は少し下降気味である。
なので歩いてみた。

初詣を兼ねて少し遠目の神社まで。
冬は空気が澄んでいるので歩いていて気持ちが良い。嫌な事も忘れられた非常に良いウォーキングだった。
膝が痛いのと、多少寒気がするのを除いては。