読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ仕事を辞めたい

”あと3年で仕事を辞めたい”と何年も前から思い続けている男の日記

2017年の目標

耳をすませば、隣の女性二人組の会話が聞こえてくる。

テルマエロマエで出てきた「顔が平たい族」の代表のような顔をして、白塗りに真っ赤な口紅という水原希子に憧れているが志村けんのバカ殿様に仕上がったような女性二人が、半分くらい理解できない日本語っぽい言葉を話していた。
要約すれば、「女性Aは、卒業旅行で友達と海外に複数回行く。女性Bと卒業旅行に行きたいが、3月1週目の3日間しか空いていないので、強行日程だがその日を空けておいて」ということと「最近”クセが強い”事がマイブーム」との事。
かつて私も経験した、「とにかく自分は忙しいアピール」と「とにかく自分は個性的だアピール」がふんだんに散りばめられた会話はなんとなく甘酸っぱい。
私も当時は同じように思われていたのだろう。

そんな会話を聞きながら、2016年に自分の中で流行した事はなんだろうと考えてみた。
スポーツ部門は間違いなく、”サイクルロードレース”である。
3月~10月あたりまでは、ほとんどレース放送を見ていたし、自分でもロードバイクを購入して颯爽(自己診断)と乗りこなしていた。
まだまだ飽きた感じはないので、2017年も間違いなく生活の中心になるだろう。残念な事に日本ではあまり認知度は高くない。日本でももっと広まれば普段の会話の引き出しも増えるのだが。
スポーツ部門の2位はプロレスであり、20年近くランクイン中である。3位は阪神タイガース。これは30年近くランクイン中だ。

食事部門は、おにぎりである。
最近急激に自分の中で流行りだした”おにぎり”。ご飯とは別に、”おにぎり”を毎日食べている。シンプルなだけに楽しい。
因みに2位はうどんだ。

流行語部門は、「それさぁ、早く言ってよ~」である。
長らく君臨してきた「間違いない!」と「なに~、やっちまったな!」の2つの牙城を崩すほど使い勝手の良い言葉である。
そのまま言うと恥ずかしいので、多少アレンジして使っている。
よく考えると、この言葉を多用するという事は相手とのコミュニケーション不足に起因する問題が多いということである。
折角流行った言葉ではあるが、2017年はあまり使う必要がないように努めたい。

こうして振り返ってみると、我ながら保守的な人間だなと痛感する。
あまりにも変化が乏しい。それだけ日常が洗練されていると言えなくもないが。

人間は変化が無いと衰える。それは本意ではないので、2017年は「変化」を目標とする。
そういえば、オバマも「Change!」と言っている事を思い出したが、それももう8年前の話しだった。
なかなか流行についていけないものである。