読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ仕事を辞めたい

”あと3年で仕事を辞めたい”と何年も前から思い続けている男の日記

寝た子は起こすな

日記

2016年12月28日、私は仕事納めの日に苦しみながら資料を作成していた。
企画書や提案書といった前向きな資料ではなく、夏頃から提出を延ばしに延ばしていた「過去実績のまとめ」という資料である。
ある案件での成果物という位置づけで”納品する”という形が求められるだけの資料であり、一生懸命作ったところで今後の仕事に役に立ちそうもない。
この資料を作成するには、過去案件の資料をひっくり返して紡ぎ合わせるという、簡単だが面倒な作業が発生する。
正直このまま放置していても忘れられたままになる可能性も高かったが、”仕事を果たせていない”ということで、この半年間心の隅にずっと残っていた仕事でもあった。

悩んだ挙句、2016年が終わる前に片付けておこうと意を決し、資料を作成することにした。
今年を振り返ってみると、先延ばしにした仕事がことごとくクレームとなり、忙しい時期に重なって対応をする羽目になってしまっていた。
その反省から、嫌な作業ではあるが、「今のうちに片付けておいたほうが良い」と判断したためである。
半年遅れの作業なのでやる気も起きず、最低限の内容を4時間ほどで完成させた。
先方ももう忘れていると思うので、年末の挨拶とともにさりげなくメールで送信。
自分勝手ではあるが、心の隅に残った罪悪感はクリアされ、心静かに2017年を迎えることができるはずだった。

それなのに。。。

結果として、寝た子を起こしてしまった。
お怒り気味のメールが来た。

要約するとこんな感じ。
1.資料の内容がよくわからない
2.なぜ提出までにこんなに時間がかかったのか。
3.今後の体制を含めて相談したいので、1月10日以降に時間を頂きたい

資料を作るまでの僅かな罪悪感以上の憂鬱感をもったまま、新年を迎えなければならないことが確定した。
本当は今日にでも言い訳をしに、打ち合わせしたいが10日以上もこのまま悶々と待たないといけない。

頑張って仕事をしたはずなのに、なぜこんな事になったのだろう。
今年の夏の自分を殴ってやりたい気分だ。

やっぱり、逃げられるところまで逃げれば良かった。